本学飼育ヤギ(あーちゃん)の永眠のご報告

平成30年12月17日(月)

関係者各位

学部長 丸尾 幸嗣

学科長 岡崎 登志夫

動物飼育管理センター主任 堀井 隆行


本学飼育ヤギ(あーちゃん)の永眠のご報告


 平成30年10月24日(水)より右上眼瞼に発症した扁平上皮癌の治療のため、麻布大学に入院しておりました本学飼育ヤギ(あーちゃん)が、平成30年12月4日(火)に永眠したことをご報告いたします。

 入院後の精密検査により、右上眼瞼の癌の浸潤が深く、加えて右下眼瞼や左眼瞼にも癌の発症が認められ、両目の眼瞼のみならず眼球の維持も困難であることが判断されました。さらに、あーちゃん自身の体調も不良の経過を辿り、予後不良との判断により安楽死および病理解剖に至りました。大変残念ではありますが、あーちゃんに発症した扁平上皮癌は、ヤギでは稀少例であり、今回の病理解剖が今後の医療の発展に貢献することを願っております。

 関係者の皆様へのご報告が遅くなったことをお詫び申し上げるとともに、これまで、あーちゃんを可愛がってくださった皆様には心より感謝申し上げます。あーちゃんの遺骨の一部を譲り受けてきておりますので、今後あーちゃんの慰霊の機会を設けます。その際には、改めて皆様にご案内いたしますので、今しばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2019 ヤマザキ学園同窓会 All rights reserved.